営業日とは何か?

営業日という表現は様々な場面で利用されています。通常は会社が営業している日という...



判子(印鑑)の押印と捺印の違い

判子を押す時に「押印(おういん)」と「捺印(なついん)」という2種類の言葉がある...



契約書などに使う判子の「契印」「割印」「訂正印」「捨印」の押し方と効力

契約書などを書くときに、印鑑を使う(判子を押す)機会があるでしょう。そうした時に「契印(けいいん)」「割印(わりいん)」「訂正印(ていせいいん)」「捨印(すていん)」などを押印するように指示されることもあるかもしれません。今回はこれらの印鑑の使い方と、押す意味を分かりやすく紹介していきます。



香水とビジネスマナー

最近では男女を問わず香水をつける方が増えています。ビジネスマナーとしても香水をつけること自体は問題ありません。ただし、強い香りはビジネス向けとはいえませんので、オーデコロンのように比較的香りの弱いものを選択するようにしましょう。



クールビズと身だしなみ

最近社会的にも認知された「クールビズ」。いわゆるスーツの上着を脱いでノーネクタイがクールビズのスタイルとなるわけですが、クールビズ=だらしない格好になってしまってはいけません。たとえノー上着、ノーネクタイであってもだらしがないとは見られないように気をつけるのが真のビジネスマンです。



髭と身だしなみのマナー

ビジネスマンの方でしたら基本的に髭(ヒゲ)は全面的にNGです。おしゃれなヒゲであってもデザイナー・芸能関係など特殊な業界で働いている方以外はやめておきましょう。特に新人の場合は良い印象で見られることはまずありません。



クッション言葉

クッション言葉というのをご存知でしょうか?クッション言葉とは、言葉の前につける言葉でビジネスにおいては様々な場所や場面で使われています。「恐れ入りますが、」などがその代表的な用例です。ここでは、クッション言葉のマナーとその活用法を解説していきます。



ビジネスでの話し方の基礎

ビジネスでの会話は基本的に友人との他愛も無いおしゃべりや小説を読むように韻を踏んだりしてしゃべるといったことではありません。基本的に「分かりやすく」「具体的に」「簡潔に」話すのが基本となります。ここでは、ビジネスにおける話し方の基本を解説します。



名刺の扱い方と管理法

名刺はビジネスマンにとって第2の顔のようなものです。初対面の挨拶には欠かすことができないものですので、大切に扱いましょう。特に営業職にとっては、名刺は会社や自分を取引先に覚えてもらう重要なツールでもありますので、しっかりと管理するようにしましょう。ここでは、名刺の扱い方と管理方法などについて解説していきます。



公私混同は厳禁

会社における公私混同とは、会社の有形・無形を問わない財産等を個人的な理由のために用いることを指す。業務時間中は当然のこと、プライベートにおいても会社に対して公私混同した行動を取らないように注意しよう。



過剰な敬語は嫌味

敬語というものは、単に沢山使えばよいというものではありません。時に過剰な敬語は相手に対して嫌味になったり、聞き取りにくい言葉になったりします。過剰敬語は不自然な感じを与えてしまう恐れもあります。ここでは、過剰敬語について学びます。



丁寧語の基本

丁寧語とは、「です」「ます」に代表されます。また、物の名称などに「お」「ご」などをつけることで丁寧にする言葉です。自分を品よく見せることができる言葉で、目上、目下に関わらず、ビジネス現場では普通の話し言葉として使いたい言葉です。ここでは、丁寧語の使い方をわかりやすく解説します。



謙譲語の基本

謙譲語とは、自分自身を一段へりくだる事により、相対的に相手に対して敬意を表する言葉となります。自分自身は勿論、自分の動作、所有、所属などをへりくだることで話し相手を立てる話し方です。ここでは、謙譲語の事例を含めながら、敬語について学びます。



尊敬語の基本

尊敬語とは、相手を敬う際に使う言葉です。自分よりも目上の人を敬う場合に使う言葉となります。相手は勿論、動作、所有、所属する場所などに対して敬意を表する話し方です。尊敬語は敬語の基本といえます。しっかりとマスターしm作法。



敬語の基本

新入社員や若手社員のうちは、会う人のほとんどは自分に対して目上の人となります。そのため、話す際は原則として敬語を使うことが必要不可欠です。敬語は難しいといわれる方もいらっしゃいますが、基本を覚えてしまえばあとはほとんどが応用です。ここでは、敬語の基本である「尊敬語」と「謙譲語」「丁寧語」を分かり安く解説します。



おいしいお茶の煎れ方・出し方

ビジネスマナーの範囲にはならないかもしれませんが、お茶汲みと差し出しは新入社員の仕事としている会社もあります。ここでは、おいしいお茶の煎れ方とその差し出し方について分かりやすく説明していきます。



喫煙のマナー

近年は多くのオフィスで社内禁煙が規則となっている会社が多くなっています。こういった規則にはもちろん従わなければならない。喫煙場所が指定されている場合もあるが、しょっちゅうタバコを吸いに行っては業務がおろそかになるので、ある程度我慢して控えるべきです。ここでは、社内での喫煙マナーについて説明していきます。



お辞儀の基本マナー

挨拶の際は、言葉とともに頭を下げるのがマナーです。お辞儀と呼ばれますが、ビジネスマナーではお辞儀を「会釈」「敬礼」「最敬礼」の3種類に分類されており、それぞれで使い方が異なります。ここでは、お辞儀の種類と上手なお辞儀のマナーを解説していきます。



ビジネスマン必携のマナーグッズ

ビジネスマンの身だしなみは清潔感が重要だと解説しましたが、朝しっかりと身だしなみを整えていても、時間がたったり、外を歩いたりするとどうしても乱れてくるものです。ここでは、ビジネスマンの身だしなみに関する必携グッズを紹介します。



新入社員のスーツ選び

身だしなみの基本ともいえるのが服装です。服装について別途社内規定がある場合は除き、原則としてビジネス用のスーツを選ぶのが基本となります。ファッション性は高くないかもしれませんが、スーツはビジネスマンの制服と思って割り切りましょう。



ヘアスタイルのマナー

ヘアスタイルは、社会人としては、しっかりとした清潔感のある髪型を心がけたいものです。ワックスなどの整髪料を使って髪を遊ばせたりするのは、社会人としては失格です。どの年代の人にも不愉快な思いをさせないようにしっかりとしたヘアスタイル(髪型)を心がけましょう。ここでは、男女別のヘアスタイルに関する基本マナーを解説していきます。



身だしなみのマナー

身だしなみは、社会人の基本ビジネスマナーの一つです。格好をつけるということと身だしなみを整えるということは異なります。社会人の身だしなみのマナーとしては人に不快感を与えないというのが基本的な身だしなみマナーとなります。ここでは、社会人としての身だしなみ



ビジネスマナーとは

ビジネスマナーとは仕事をする上で必要とされるマナーの総称です。マナーと一口に言っても挨拶やお辞儀の仕方といった基本的なものから、ビジネスの現場で必要となる名刺の渡し方など多岐にわたります。ここでは、ビジネスマナーの重要性、なぜマナーを学習する必要があるのかをわかりやすく説明します。



スポンサーリンク