ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


電話をかけるタイミングのマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

業務時間に仕事の用件であればいつでも電話をかけても良いというのは間違いです。緊急の用件の場合はその限りではありませんが、急ぎではない電話の場合、相手が忙しいであろう時間帯は外すのがビジネスマナーです。

あまりにも、不親切な時間に電話をかけると相手も「この忙しい時間帯に…」と考えてまともに話を聞いてくれないかもしれません。また、場合によってはビジネスにとって悪い方向に向かってしまう場合も考えられます。電話をかける時間帯にもマナーはあると考えましょう。

スポンサーリンク

一般的な忙しい時間帯について

一般的には以下のようなタイミングでの電話は避けたいものです。(もちろん、事前に相手からその時間に電話を掛けることを依頼された場合や了承済みの場合はこの限りではありません)

1.始業時間の最初
通常、始業時間から1時間程度は朝礼や打ち合わせなどでバタバタすることが多いものです。できれば始業時間から1時間以内は電話することは避けましょう。

2.12時~13時前後(昼食・昼休み)
多くの会社では、ランチタイムや昼休みの時間とされている時間帯です。この時間に電話を掛けられると相手の貴重な休み時間を奪ってしまうことになりかねません。また、担当者が不在の場合も多い時間帯です。

3.終業時間の前後1時間
終業時間前後も相手は忙しい時間帯であることが多いものです。一日の仕上げや報告などで忙しい場合も多いので、この時間帯の電話は避けましょう。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

電話をかけるタイミングのマナーの関連記事です。こちらもどうぞ。