役職名+「様」「殿」のビジネスマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

よくビジネス文書や口語において「社長様は○○」「山田専務様」というように「役職名」+「様」「殿」といった使い方をしている場面に出会うことがあります。これは言葉遣いとしてはNGな表現です。

そもそも「社長」「専務」「常務」「部長」などの役職名には敬称が込められています。電話応対などでも、「山田専務はいらっしゃいますか?」と尋ねられた場合に「山田専務はただいま不在です」などという応対はNGであるように、(本来は山田は不在です。または、専務の山田は不在です。とする。身内に敬称は使わないのがマナー)役職名には敬称が含まれているのです。

役職名は敬称の意がふくまれている

前述の通り、役職名には敬称が含まれているので、山田専務でビジネスマナーとしての言葉遣いは間違っていません。
山田専務様と役職名に様付けすることで、より敬意を表しているのでしょうが、用法として間違いです。

どうしても様付けをしたいというのであれば「専務の山田様」といったような使い方をするようにしましょう。

ちなみに、殿付けは基本的に口語で使う言葉ではありません。文書として利用する場合も会社から個人、事務的、目上から目下という意味があるとされますので、適切ではないでしょう。ちなみに「様」と「殿」の使い分けについては「様と殿の使い分け」で詳しく説明していますのでそちらを参考にしてみてください。

 

 

関連記事

役職名+「様」「殿」のビジネスマナーの関連記事です。こちらもどうぞ。