御中と様の使い分け

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近頂くお手紙やハガキでも「御中」と「様」の使い方が間違っているケースも多く見られます。手紙やハガキで恥をかかないためにも「御中」や「様」の使い分けのマナーを学びましょう。

スポンサーリンク

御中は組織の誰か、様は特定の人に対して使う敬称

まず、「御中」ですが、これを「組織」に対して付ける敬称であると勘違いしている人もいるようです。「御中」とは、その組織の誰か(誰か分からない場合など)に使う敬称です。

ですから、「ABC株式会社 御中 山田太郎様」という表記はおかしいということが分かるはずです、この場合は「ABC株式会社 山田太郎様」とすべきなのです。組織に送る必要があるけど、誰に送ればいいのかわからないという場合などに「ABC株式会社 営業部御中」というようにして用います。

なお、手紙などに相手の名前を書く場合、ハガキの真ん中に相手の名前が入るようにします。例えば、ABC株式会社御中であれば、ABC株式会社を真ん中に書きますが、ACB株式会社 山田太郎様の場合は、山田太郎様が真ん中に来るようにするのがマナーです。

ただし、口語の場合に「ABC株式会社御中は~~」というのはおかしいので、その場合は、「ABC株式会社様は~~」と様付けで呼びましょう。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

御中と様の使い分けの関連記事です。こちらもどうぞ。