ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


遅刻・早退・欠勤のマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

遅刻・早退・欠勤は、ないのであれば無いほうが良いのですが、やむを得ずという場面があることもあります。こうした場合は、しっかりとした対応をすることで、後々についてのフォローをすることが重要になります。

遅刻
本来遅刻というものは、あってはならないものですが、やむをえない場合もあるでしょう。遅刻をしてしまう場合は、すばやい対応とその後のフォローが重要です。

早退
体調が悪い場合や個人的な事情によりやむを得ず、早退をしなければならない場面もあるでしょう。通常、正当な理由があれば早退が許可されることがほとんどです。ただし、多くの会社では早退する際はしっかりとした手続きを踏むことが要求されています。

欠勤
基本的に、当日になって欠勤を申し出るのはよほどの事情がある場合のみと考えましょう。新人であっても若手であっても会社にとっては重要な戦力です。戦力が抜けるということはそれを誰かが穴埋めしなくてはならないということですので、大きなマイナスです。しっかりとした対応とフォローが重要です。

スポンサーリンク

遅刻・早退・欠勤に対する考え方

原則として「しない」ことが基本です。ごく少ない回数であれば簡単な注意で済む場合もありますが、度重なる場合は、会社からの評価が落ちるだけでなく、場合によっては懲戒処分(減給・出勤停止・解雇)などを受ける場合もあります。

一度や二度の遅刻や欠勤とは考えず、してしまった場合は二度としないというように、対応策を考えましょう。しっかりとした健康管理も重要です。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

遅刻・早退・欠勤のマナーの関連記事です。こちらもどうぞ。