ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


命令・指示の受け方マナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

特に、新入社員や若手のうちは上司から様々な指示や命令を受けることが多いと思います。ただし、適切な命令や指示の受け方、それに基づく行動がない場合、上司の印象が悪くなるだけでなく、業務上で様々な迷惑をかけてしまう場合もあります。

原則として上司からの命令は絶対です。特に新人のうちは元気さとフットワークの軽さを心がけて指示を受けましょう。大きな声で元気に、そしてすぐやるというのが基本です。

スポンサーリンク

命令・指示を受ける際のポイント

命令や指示を受けても何をしたらよいのかで迷ってはいけません。ここでは、上手な指示や命令の受け方のポイントをまとめます。

1.指示・命令の内容を理解する
当然ですが、どういった指示や命令であるのかを確認しましょう。分からない場合は、しっかりと確認します。

2.仕事の期限を明確にする
いつまでにやるべき仕事なのかを確認する。今既に別件の仕事がある場合は、上司に相談しどちらに優先順位をつけて行うのかを決める

3.命令や指示は必ず復唱する
単純な命令の場合は口頭で復唱する。単純出ない場合は必ずメモをとり、内容を確認するようにしておくこと。人間の記憶は意外と曖昧。形に残すこと。

4.わからないことは必ず確認する
もし、少しでも気になることがあれば、勝手に判断するのはNG。上司は部下の仕事の結果に対しても責任を負っている。もしも分からないことがあれば、小さなことでも聞いておこう。ただし、同じ質問を何度もするのはマナー違反。一度で理解できるよう、できないのであればメモをしっかりとろう。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

命令・指示の受け方マナーの関連記事です。こちらもどうぞ。