ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


相手が不在の場合のマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

電話をかけた際に、相手が不在にしていることも多いでしょう。ここでは、電話をかけた時に相手(名指し人)が不在であった場合の対応について説明していきます。原則として、相手が不在の場合は基本的には再度自分からかけなおすというのがビジネスマナーです。

「○○様は何時ごろお戻りでしょうか?」と尋ね時間を把握し、「それでは、その時間にこちらからかけ直させていただきます」と対応するのが一般的です。ただし、緊急の場合ですぐにコンタクトをとりたい場合、何度もかけているが不在の場合、簡単な連絡程度の場合はその限りではありません。

スポンサーリンク

電話相手が不在の場合の対応マナー

伝言をたのむ場合
連絡内容が簡単なものの場合は、電話を出た方に対して伝言を頼んでも問題ありません。その際は、簡単に連絡内容をまとめて話し、最後に「恐れ入りますが、あなた様のお名前をお聞かせ願えますか?」と伝言を頼んだ相手の名前を控えておきましょう。

電話をかけなおしてもらう場合
相手に対して電話をかけなおしてもらうと言うことは原則失礼にあたります。ただし、何度電話しても繋がらない場合や緊急の要件ですぐに連絡をとりたい場合は使ってもかまいません。ただし「大変恐縮ですが、○○様がお戻りになられましたら私の方へお電話いただきたいのですがよろしいでしょうか?」と依頼形式で頼んでおくこと。その際は、会社名、氏名、電話番号を念のため、伝えておくことが重要です。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

相手が不在の場合のマナーの関連記事です。こちらもどうぞ。