エレベーターの上座と下座

このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスビルなどでは普段日常からエレベーターを利用する機会が多いかと思います。ここでは、エレベーターにおける上座と下座についての解説とエレベーターに乗り降りする際のマナーについて分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

エレベーターの上座と下座の場所

エレベーターでは出口から遠い場所(つまり奥側)が上座となります。最も下座は操作盤の前となります。新入社員や若手の内はできるだけ操作盤の前に立ち操作するようにしましょう。
ただし、エレベーターが混んでいる場合などで無理に席次を動こうとすると他の人の迷惑となるような場合は無理をしてまで移動する必要はありません。ある程度すいてきた段階で自然と操作盤の前に動くようにすればOKです。


エレベータ乗り降りのマナー

・エレベーターに乗る際のマナー
誰も乗っていないエレベーターに自分と上司が乗る場合は入り口のところで「昇り(または下り)」ボタンを押したままエレベーターの安全装置のところに手を置いて先に上司を案内します。その後自分が中に入り、操作盤の前に立つようにします。
当然ですが、乗る際に他の人が降りる場合は降りる人が降りてから上記の行動を取ります。(降りる人が優先です)

・エレベーターから降りる際のマナー
エレベーターから降りる際のマナーについてですが、エレベーターから降りる際は、ほかに降りる人が全員降りるまで操作盤の「開」ボタンを押したまま皆が降りるのを待ちます。そして最後に自分が出るようにします。その際エレベーター内に上司や先輩などが残っている場合は「お先に失礼します」と一声挨拶をかけて降りるようにすればよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

エレベーターの上座と下座の関連記事です。こちらもどうぞ。