ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


お辞儀の基本マナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

挨拶の際は、言葉とともに頭を下げるのがマナーです。お辞儀と呼ばれますが、ビジネスマナーではお辞儀を「会釈」「敬礼」「最敬礼」の3種類に分類されており、それぞれで使い方が異なります。

会釈
会釈(えしゃく)とは、軽く前傾してお辞儀をします。角度はおよそ15度程度です。通りすがりの挨拶の他、一日に何度も顔を合わせるような同僚・先輩などへの挨拶につかいます。

敬礼
敬礼(けいれい)とは、一般にお辞儀と呼ばれるもので、およそ30度ほど前傾してお辞儀をします。取引先との挨拶の際や、お客様とあった際、何かお願いする際などに用います。

最敬礼
最敬礼(さいけいれい)とは、最も深く頭を下げるお辞儀でめったに利用するものではありません。多用すると、わざとらしさを感じますが、一般には謝罪の際やよほど感謝する場合などに使われるお辞儀です。

スポンサーリンク

お辞儀と視線

お辞儀をする際は、まず、相手に視線を向けて挨拶の言葉を述べます。言葉を言い終えた後で、お辞儀をします。その後、上体を起こして再度相手に目を向けるのが正しいお辞儀の仕方となります。

よく、挨拶の言葉を述べながら頭を下げる人がいますが、これはビジネスマナー的に正しくありません。「おはようございます」と挨拶するのであれば、「す」まで発音した後で頭を下げるのがマナーです。また、相手より高い位置で挨拶をしてはいけません。階段などでであった場合は必ず、同じ高さのところでお辞儀をするようにします。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

お辞儀の基本マナーの関連記事です。こちらもどうぞ。