名刺交換

このエントリーをはてなブックマークに追加

名刺交換は初対面の相手とお話をする際に、まずはじめに行う挨拶の一つです。名刺交換は挨拶の一部で、相手に対して自分を覚えてもらうための流れでもあります。また、受取る名刺は紙ですが、相手の分身的存在でもあるのです。少なくとも相手の目の前でぞんざいに扱ってはなりません。

名刺交換のマナーとルール

まず、名刺交換をする際は、自分の名前を名乗りながら渡すのが基本です。前述の通り名刺交換は挨拶の一つです。無言での挨拶は挨拶で無いないように、名刺交換を行うときは「○○商事の××と申します。よろしくお願いいたします」などと挨拶して、名刺をお渡しします。

なお、お互いに初対面の場合、双方が名刺を差し出す機会の方が多いでしょう。こうした場合のマナーについてですが、名刺交換を行う場合、先に差し出すほうが相手に対して敬意を払っているということになります。つまり、先に受取るほうがお客様ということです。
理由としては、双方が名刺を持っている場合、先に受取る方は自分の名刺を手に持っているため、片手でしか受取れませんが、後から貰うほうは両手で名刺を受取ることができるため、後から受取るほうが相手の名刺を大切に受取ることができるためです。

基本的に来訪者と名刺を交換する場合は、相手が差し出す名刺をこちらが先に受取ってもかまいません。ただし、相手が特別重要なお客様であるような場合はこちら側が先に差し出す(先に受取ってもらう)ようにします。


相手からもらった名刺の取り扱い方


名刺を受取った場合、一読してまずは読み方などを確認します。「失礼ですが、お名前のほうはどのようにお読みすればよろしいのでしょうか?」などと読み方などを確認するのはマナー違反ではありません。むしろ後になって確認するのは失礼ですし、後になって名前を読み間違えるのは大変失礼ですから名刺交換の際にしっかり確認しましょう。

そして、受取った名刺は名刺入れにすぐにしまってもかまいませんが、そのまま商談などにいどむ場合は、相手の名前や肩書きなどを間違えないように、テーブルの上に置いたままでもかまいません。その場合は自分の名刺入れをテーブルの上に置き、その上に名刺を置くのがマナーです。複数人と名刺交換をした場合は最も上席者を名刺入れの上に置き、そのほかの人の名刺はテーブルの上に並べて置いておいてもかまいません。

ただし、いつまでも名刺をテーブルの上においておいては「こっちの名前は全然覚えないのか?」と相手に思われることもありますので、商談が長引いた場合などは頃合を見計らって、名刺を名刺入れの中に入れてしまいましょう。

 

 

関連記事

名刺交換の関連記事です。こちらもどうぞ。