ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


社内での飲食マナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

会社は通常お昼休みの時間を設定しているので、その他の時間の食事は原則としてNGと考えましょう。一部の変則的な業務を行う会社では、食事の時間を各自が自由に決めていいというところもありますが、例外と捉えましょう。

食事の時間は定められた時間以外はとってはいけません。朝食を食べ忘れた、昼休みの時間に業務をしていて食べられなかったというのは言い訳です。決められた時間で食事をするようにします。また、飲み物については、デスクで飲んでも良いということになっている場合は、用意してきた飲み物を飲んでもかまいません。ただし、業務時間中に飲み物を買いに行くというのはNGです。

スポンサーリンク

社内における飲食マナーの例外

例えば、お客様がお土産にと生菓子などを持ってきた場合は、上司に許可をとり、その場にいる全員でいただくようにします。上司不在の場合は一番の先輩に尋ねましょう。逆に、お土産を食べないのもお客様に対して失礼に当たることがあります。

また、会社によっては3時ごろにお茶タイムを設けているところもあります。こうした場合は、習慣として食べても良いですが、あくまでも業務時間中ですので、数分程度の短時間で済ませます。何分も行く利してよいというわけではありません。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

社内での飲食マナーの関連記事です。こちらもどうぞ。