身だしなみのマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

身だしなみは、社会人の基本ビジネスマナーの一つです。格好をつけるということと身だしなみを整えるということは異なります。社会人の身だしなみのマナーとしては人に不快感を与えないというのが基本的な身だしなみマナーとなります。社会人として取引先、職場での服装、格好だけでなく、就職活動などの公的な場でも同じです。服装や髪型、ひげ、メイクなど様々な点に気をつけましょう。

スポンサーリンク

全身の身だしなみは第一に清潔感を

社会人の基本身だしなみマナーとして重要となるのは何を持っても、「清潔感があること」が重要です。ファッションには、着崩しと呼ばれるように、わざと一部を崩すことを持ってファッションとするという考え方もあるようですが、原理原則としては、清潔感を持たせる、つまりカチッとしておくことが大切です。

ヘアスタイルは華美にならない程度にまとめ、日ごろから散髪を心がけ、むさくるしくないようにしておきましょう。女性の場合は長さや髪の色にも気をつけましょう。また、服装についても、若いうちは外したファッションが好みかもしれませんが、できる限りオーソドックスなものにまとめておきます。
このほかにも、爪、ひげ、香水、体臭など気をつける点は多数あります。

身だしなみのチェックポイント
ヘアスタイル
クシやヘアブラシで丁寧に手入れをしていますか?

フケ
頭や肩などにフケが付いていませんか?


脂ぎっていませんか?(女性の場合:メイクが濃くありませんか?)

歯・口臭
ちゃんと食後に歯を磨いていますか?口臭対策はしていますか?

ひげ
無精ヒゲは生えていませんか?ちゃんと毎朝剃っていますか?

ワイシャツ
衿や袖が汚れていませんか?ボタンは全て留めていますか?アイロンをしっかりかけていますか?

ネクタイ
しっかりと締めていますか?曲がっていませんか?

ズボン
しっかりと折り目は付いていますか?汚れてはいませんか?


しっかりと磨いていますか?汚れなどついていませんか?

 

スポンサーリンク

 

関連記事

身だしなみのマナーの関連記事です。こちらもどうぞ。