ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


上司・同僚への挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

挨拶というものは、非常に重要なものです。こちらが挨拶をしても返してくれない人がいるかもしれません。だからといってこっちが挨拶をするのを辞めてはいけません。挨拶はコミュニケーションを生み出す第一の方法です。新入社員(若手)であれば率先して挨拶をしましょう。

スポンサーリンク

挨拶のビジネスマナー

挨拶のポイントとしては「明るさ」「視線」「表情」の三つが重要なポイントであるといわれています。

明るい挨拶
挨拶は、元気・明瞭に発音するのが重要です。聞き取りにくい声やボソボソした挨拶ではそもそも挨拶としての意味を成しません。

視線を相手にしっかり向ける
言葉を発するだけでは挨拶とはいえません。どんなに急いでいても挨拶とともに、必ず相手の目を見るようにすることが大切です。

表情
原則としてしっかりとした笑顔で挨拶しましょう。暗い顔で挨拶してもお互いさわやかな気持ちにはならないでしょう。ただし、TPOはしっかりと心がけましょう。緊急時やトラブルがあったときに笑っていると、緊張感のない奴と思われかねません。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

上司・同僚への挨拶の関連記事です。こちらもどうぞ。