ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


電報の送り方とルール

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

お祝いのときや不幸があったときなど、披露宴や葬儀に参加できない場合に活用されるのが電報です。元々は連絡手段として使われてきましたが、近年では一般電報はほとんど姿を見なくなり、慶弔扱電報は結婚式や葬儀などに使われます。
ここでは、電報の送り方やシーン別のマナーなどについて解説していきます。

スポンサーリンク

電報の基本ルール

電報のルールと仕組み
電報を送るにはインターネット上から申込ができるD-mailと電話機や携帯電話などからも申込をすることができます。パソコンからの申込が便利です。

・電報を送るタイミング
電報は申込をしてから到着するまで概ね3時間程度です。そのため、送る場合にはある程度時間をはかってから打つようにしましょう。祝電の場合には前もっての配達日指定ができますので、そうしたサービスを活用します。
弔電の場合は、急であることが多いのでできるだけ早くそして確実に届く場所宛に送るようにしましょう

 

スポンサーリンク

 

関連記事

電報の送り方とルールの関連記事です。こちらもどうぞ。