「当社と弊社」「貴社と御社」の使い分け

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の会社のことを呼ぶとき「当社」と呼んだり「弊社」と読んだりすることがあるかと思います。逆に、相手の会社のことを「貴社」と呼んだり「御社」と読んだりします。こうした自分や相手の会社を呼ぶ際の代名詞としてよく用いられる「当社」「弊社」「貴社」「御社」についての使い分けを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

当社と弊社の使い分け

当社と弊社という場合についてですが、どちらかといえば、当社よりも弊社という表現の方がよりへりくだった言葉であると考えられています。身内同士(同じ会社同士)ではへりくだる必要が無いので「当社」と呼び、他の組織や会社の人に自分の会社を説明する場合は「弊社」という表現を使うと良いでしょう。ただし、相手に抗議をする場合など、強硬な立場で臨む際は「当社」と表現すべきでしょう。

弊社というのは文語だから、口語ではないという方もいますが、厳密には弊社という言葉は文語で登録されているわけではありませんので、口語で読んでも問題ありません。


貴社と御社の使い分け

基本的に「貴社・・・文語として文章中で使う」「御社・・・口語として主に用いる」とされています。そのため、相手と話す際は「御社では~~~」として、ビジネス文書等で通達を出す場合は「貴社では~~~」とするのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

「当社と弊社」「貴社と御社」の使い分けの関連記事です。こちらもどうぞ。