ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


早退のマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

体調が悪い場合や個人的な事情によりやむを得ず、早退をしなければならない場面もあるでしょう。通常、正当な理由があれば早退が許可されることがほとんどです。ただし、多くの会社では早退する際はしっかりとした手続きを踏むことが要求されています。

まず、早退をする際は、直属の上司に対して口頭で相談すること。必要な指示はその上司が行ってくれます。決して同僚に伝言したり、上司にメールするなどして、勝手に帰るのはNGです。場合によっては懲戒処分が下る場合もあります。

スポンサーリンク

早退する際の最低限ビジネスマナー

早退する際は、自分が不在になることにより予見される点を引き継ぎとして、仕事を引き継いでもらう同僚などにお願いしておきます。特に、自分宛に掛かってくる電話についての引継ぎや、やり残している仕事がある場合はしっかりと引き継ぎましょう。
また、こうした場合は緊急の連絡先を伝えておく必要もあります。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

早退のマナーの関連記事です。こちらもどうぞ。