ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


連絡の仕方

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

連絡とは「ほうれんそう」の一つとされ、社会人の基本動作の一つに挙げられます。連絡と報告は同じ情報の伝達という意味で同じで、少し理解しにくい項目かもしれませんが、報告は命令を与えた上司や先輩などに報告するものであるのに対して連絡は多くの関係者に情報を伝えるものです。

ただし、単に情報を右から左に流すのでは、正しい連絡であるとはいえません。特に、連絡事項は必ずしも文書でやってくるとは限りません。仕事をしている皆は忙しいのですから、端的かつ明瞭に連絡する必要があります。

スポンサーリンク

正しい連絡のビジネスマナー

連絡の際最も注意したいポイントはそのスピードです。連絡すべき情報は速やかに連絡していく必要があります。

次に、必要となるのは連絡の正確・簡潔な伝達です。
基本的には6W2Hと呼ばれるような、ポイントを活用すると良いでしょう。
Who 誰が?
What 何が?
Why なぜ?
When いつ?
Where どこで?
Which どっちが?
How どのように?
How much いくら

 

スポンサーリンク

 

関連記事

連絡の仕方の関連記事です。こちらもどうぞ。