ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


報告の仕方

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

報告は、「ほうれんそう」の一つとして挙げられる項目で、社会人のビジネスマナーとしての基本動作の一つです。簡単な仕事である場合は除き、数日以上かかる仕事や問題の多い仕事の場合は、進捗に合わせてしっかりと上司に報告をするのが基本です。

報告は、上司にとっても部下の業務の進捗状況を知ることができ、もしも誤った判断をしている場合は適切な方向へ軌道修正させることもできます。逆に、報告がない場合は、上司は仕事に問題がないと思っており、結果できなかった場合などは上司からの評価は一気に落ちることになるでしょう。また、最悪の場合会社に対して大きな損害を与えてしまう恐れもあります。

スポンサーリンク

正しい報告のビジネスマナー

報告のポイントとしては、分かりやすいように主題から切り出すのがポイントです。「○○の件で報告があります。」と切り出すと上司も何の点についての報告か分かりやすいでしょう。

次に、結論を言うこと。理由としては、経緯から説明されると、「それで結局どうしたの?」といいたくなってしまう。最後に、それでどうするという意見を述べること。なお、注意したい点として「報告の際に最初に言い訳をしない」ということ。○○が忙しくて、あと××の関係で・・・と述べられると上司としてもいい気持ちはしない。まずは、結論をいい、その経過報告を行うようにすることが大切です。


報告の流れ
「○○の件で報告があります。お時間よろしいでしょうか?」
「申し訳ありませんが、月曜日の提出期日までに提出できそうにありません。」
「現在、■■の項目の資料の集計に時間がかかっており、この集計に時間がかかりすぎています。」
「以上です、期日の件ですが、火曜日まで伸ばしていただけると終わらせることができます。」

 

スポンサーリンク

 

関連記事

報告の仕方の関連記事です。こちらもどうぞ。