ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


欠勤のマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

基本的に、当日になって欠勤を申し出るのはよほどの事情がある場合のみと考えましょう。新人であっても若手であっても会社にとっては重要な戦力です。戦力が抜けるということはそれを誰かが穴埋めしなくてはならないということですので、大きなマイナスです。

原則として、欠勤は高熱が出た場合でどうしても会社にいけない場合に限るようにします。どうしてもつらい場合は、一度出社してその旨を上司に伝えて早退するようにします。

スポンサーリンク

欠勤後のフォロー

当日欠勤は同僚や上司、会社に対して大きな迷惑をかけたという自覚を持ち、復帰後は同僚、上司などに迷惑をかけたことをしっかりと謝ることが大切。特に、自分の仕事を代わってくれた人には誠心誠意の謝罪をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

欠勤のマナーの関連記事です。こちらもどうぞ。