ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


接待のマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

取引先との関係ができてくると接待をしたり接待を受けたりといった機会がでてくることでしょう。単に接待といってもただ単にお酒を飲んでおいしいご飯を食べるというだけのものではありません。接待には必ずなんらかの意味があります。ここでは、接待についての考えや接待をする、接待を受ける際のマナーについて解説していきます。

スポンサーリンク

接待の種類

大きく接待には、次のようなケースに分類することができます。

1.相互のコミュニケーションのための接待
一緒に食事等を共にすることによりより親しい間柄になるための接待です。また、お互いが相手の人柄や仕事に関する考え方などを知るためのシーンでもあります。

2.相手の気持ちを誘うための接待
こちら側が相手をもてなすことにより、心証を良くしてより有利な仕事や取引条件を引き出すのがテーマとなる接待です。

3.お礼のための接待
これまでの仕事や取引に関してこちら側が相手に対してお礼の気持ちをこめて行う接待。

以上のように、接待は大きく3つに分類することができます。それぞれの接待においてテーマが異なります。接待をする意味を考えた上で適切な対応を行うことが重要です。


接待の準備


接待は、相手に食事とお酒を提供すればよいというものではありません。どんな意味の接待であっても基本的には「相手を喜ばせる」ということが基本になります。
接待の準備をする際は、相手が喜んで出席して、どう楽しく過ごしてもらうのかをしっかりと考えることが必要です。そのためには相手の性格、趣味、嗜好について事前調査しておき、それにあった接待の場を設けることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

接待のマナーの関連記事です。こちらもどうぞ。