ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


疑問解消

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

最適な提案をしたと考えていてもお客様や取引先がまだ完全にその提案に関して決めきれないという場合があります。これは受諾や拒否をするにあたって必要な情報がまだ不足しているということを意味しています。そうした場合は、どういった情報が不足しているのかを考えて、しっかりとフォローすることが重要です。

スポンサーリンク

疑問解消をはかる第6ステップ

まず、疑問を解消していくためにはどのようなデータが不足しているのかをお客様とお話しながら見つけていきます。もちろん、これまでの話の中でまだ説明できていないポイントなどがあれば具体的にそちらを説明していきます。
それでも、決めきれない場合には、以下のような手段を活用しましょう。

・具体的な情報を提供する
具体的なお客様の事例(もちろん会社名や個人名は伏せて)を説明します。A社のケースでは○○というサービスの利用により売上が20%アップしたなどというように、具体例を出してみましょう。その際が状況が現在のお客様と近いものでなければなりません。
このほかにも雑誌や新聞の切り抜きや図表化した統計データ、公的機関などのデータなど客観性のあるデータもお客様に信用してもらうために有効な手段といえます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

疑問解消の関連記事です。こちらもどうぞ。