ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


ビジネス文書のフォーマット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス文書のフォーマットについての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

ビジネス文書は大きく「文書」によるものと「手紙」によるものの二種類があります。日本においては、ビジネス文書形式は横書き、ビジネス案内(手紙)形式によるものは縦書きとして用いられることが多いようです。

ここでは、ビジネス文書における文書フォーマットに関する解説と、ビジネス文書をはじめとしてプライベートでもマナーとされる文書(手紙)における慣用句や頭語・結語についてそれぞれをわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ビジネス文書における基本フォーマット

1.文書形式と手紙形式
文書形式と手紙形式は、文書形式は横書きで手紙形式は縦書きで作られることが多くなっています。通常のビジネス文書は横書きで作成し、私信に近いような案内や礼状、年賀状などは縦書きとすることが多くなっています。
文書形式のフォーマット
手紙形式のフォーマット

2.ビジネス文書慣用句
ビジネス文書においても、前文と末文についてはそれぞれ挨拶の言葉が入ることになります。文書形式のビジネス文書の場合は省略してもかまいませんが、手紙形式の場合は、必ず利用します。なお、こうした挨拶の慣用句についてはビジネス以外でも必要とされるマナーですのでしっかりと覚えましょう。
頭語と結語
時候の挨拶
尊敬語と謙譲語
挨拶の慣用句
感謝の慣用句
お詫びの慣用句
文末の慣用句

 

 

関連記事

ビジネス文書のフォーマットの関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク