時候の挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加

時候の挨拶(じこうのあいさつ)とは、ビジネス文書を含む手紙に用いられるもので、美しい手紙や礼儀正しい文章を書く際に使える季節ごとの挨拶です。時候の挨拶は通常、頭語の後に使われ、季節ごとの美しい情緒を示すものです。

上手に時候の挨拶を手紙や文章に書くことにより、文書に季節感を持たせるだけでなく、相手に対する心遣いにもつながります。春、夏、秋、冬といった季節を表す季語を挨拶に使ったり、相手を気遣う内容を時候の挨拶に加えましょう。

スポンサーリンク

時候の挨拶はどう書く?

時候の挨拶の基本としては文書のはじめ(出だし)に簡潔かつ端的に季節感を織り込むことが重要であるとされています。時候の挨拶はあくまでも「従」ですから、本文となる部分よりも長いのは文書としての体裁がおかしいことになりますし、逆に夏に冬の季語を使った時候の挨拶もおかしなものです。ここでは、様々な季節ごとに使える時候の挨拶の例文・文例、季語を紹介していきます。

春の時候の挨拶例文
春にあたるのは3月~5月くらいまでがその範囲にあるといえます。
3月
4月
5月

夏の時候の挨拶例文
夏にあたるのは6月~8月くらいまでがその範囲にあるといえます。
6月
7月
8月

秋の時候の挨拶例文
秋にあたるのは9月~11月くらいまでがその範囲にあるといえます。
9月
10月
11月

冬の時候の挨拶例文
冬にあたるのは12月~2月くらいまでがその範囲にあるといえます。
12月
1月
2月

 

 

関連記事

時候の挨拶の関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク