ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


10月の時候の挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月の時候の挨拶についての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

10月は季節的には「秋」にあたる季節です。朝晩の冷え込みも強くなり、また秋らしさを示す草花も咲くようになります。10月に出す手紙に使う時候の挨拶としては本格的な秋を迎えたことの気持ちを表すのが良いと考えられます。

スポンサーリンク

10月によく用いられる時候の挨拶例文

ここでは、10月によく用いられる時候の挨拶の例文を紹介しています。もちろん、以下を参考に自分で新しい言葉を作るのはマナー違反ではありません。ただし、季語などの使い間違えには注意しましょう。

・仲秋の候
・秋冷の候
・秋晴の候
・紅葉の候
・秋長の候
・澄み渡る秋
・菊の香りゆかしく
・金木犀の香るこの頃
・虫の声が秋を思わせるこの頃
・そよそよと吹くこの涼風
・いよいよ秋も本番となり
・めっきり秋めいてまいりましたが
・天高く馬肥ゆる秋

など


時候の挨拶一覧

春の時候の挨拶例文
春にあたるのは3月~5月くらいまでがその範囲にあるといえます。
3月 / 4月 / 5月

夏の時候の挨拶例文
夏にあたるのは6月~8月くらいまでがその範囲にあるといえます。
6月 / 7月 / 8月
秋の時候の挨拶例文
秋にあたるのは9月~11月くらいまでがその範囲にあるといえます。
9月 / 10月 / 11月
冬の時候の挨拶例文
冬にあたるのは12月~2月くらいまでがその範囲にあるといえます。
12月 / 1月 / 2月

 

 

関連記事

10月の時候の挨拶の関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク