ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


8月の時候の挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月の時候の挨拶についての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

8月は季節的には「夏」にあたる季節です。また、秋への入り口にもなる月でありお盆明け以降は「残暑」と表現されるのが基本です。8月に出す手紙に用いる時候の挨拶は、前半は夏の暑さを、後半は残暑の厳しさなどを表現するのが良いと考えられます。

スポンサーリンク

8月によく用いられる時候の挨拶例文

ここでは、8月によく用いられる時候の挨拶の例文を紹介しています。もちろん、以下を参考に自分で新しい言葉を作るのはマナー違反ではありません。ただし、季語などの使い間違えには注意しましょう。

・炎夏の候
・晩夏の候
・残暑の候
・秋暑の候
・立秋の候
・暑さが厳しゅうございますが
・暑い日が続いておりますが
・まだまだ暑いこの頃ですが
・立秋とは名ばかりの暑さがつづく毎日ですが
・暦の上ではすでに秋ですが
・季節では夏の終わりと申しながらまだまだ暑い日がつづきますが

など


時候の挨拶一覧

春の時候の挨拶例文
春にあたるのは3月~5月くらいまでがその範囲にあるといえます。
3月 / 4月 / 5月

夏の時候の挨拶例文
夏にあたるのは6月~8月くらいまでがその範囲にあるといえます。
6月 / 7月 / 8月
秋の時候の挨拶例文
秋にあたるのは9月~11月くらいまでがその範囲にあるといえます。
9月 / 10月 / 11月
冬の時候の挨拶例文
冬にあたるのは12月~2月くらいまでがその範囲にあるといえます。
12月 / 1月 / 2月

 

 

関連記事

8月の時候の挨拶の関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク