ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


ビジネス文書作成ポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス文書作成ポイントについての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

ビジネス文書を作成する場合は、ポイントがあります。ポイントを抑えてビジネス文書を作成することで、見栄えや伝えやすさが格段にアップします。ここでは、ビジネス文書をわかりやすく書くためのポイントやコツを紹介していきます。

スポンサーリンク

読みやすいビジネス文書の書き方

ここでは、ビジネス文書の書き方についてのコツやポイントを解説していきます。

6W2H
ビジネス文書の場合、あくまでも用件を伝えることが重要です。6W1Hを基本に用件の伝達をしっかりと行えるようにチェックしましょう。

誤字脱字チェック
文章は誤字脱字がある場合があります。また、取引先用に提出する場合は単純なミスが大きな問題につながる恐れがあります。しっかりとチェックします。

文体・仮名遣いは統一する
ビジネス文書はわかりやすくすることが第一です。文語調は避け、「ですます」か「だである」なのか文体は統一しましょう。

一文書の用件はわかりやすくする
ビジネス文書では、相手に対してなんでこの文書を読んで欲しいのかが明確である必要があります。だらだらとした挨拶は不要です。逆に見出しをわかりやすくするなど工夫して何の文章なのか、相手がすぐわかるようにしておきます。

ビジネス文書には「社内向け」と「社外向け」がある
ビジネス文書には大きく社内で使うものと、取引先など社外に提出するためのものという二種類があります。それぞれで目的が異なりますのでそれに合わせて様式も変わってきます。

その他のポイント
そのほかのビジネス文書の作成のコツとしては、キーワード(特に注目してもらいたい言葉やセンテンス)を太字にしたり、アンダーラインをつけるなどして目立たせる、図表やイラストを活用する。箇条書きを活用するなどの工夫が挙げられます。


ビジネス文書の書き方を学ぶ上では、先輩の書く文書をまねるのも一つの勉強法です。ビジネス文書には雛形がある場合も多いですので、こうした場合は先輩社員が残してくれた雛形を十分に活用しましょう。こうして作成するうちに様々なコツがつかめて、より充実したビジネス文書を作成できるようになるでしょう。

 

 

関連記事

ビジネス文書作成ポイントの関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク