ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


2月の時候の挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月の時候の挨拶についての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

2月は、季節的には「冬」にあたります。2月に出す手紙に使う時候の挨拶は、まだまだ寒いということを伝え、2月中旬以後でしたら、まもなく訪れる3月ということを期待する時候の挨拶などが一般的であるといえるでしょう。

スポンサーリンク

2月によく用いられる時候の挨拶例文

ここでは、2月によく用いられる時候の挨拶の例文を紹介しています。もちろん、以下を参考に自分で新しい言葉を作るのはマナー違反ではありません。ただし、季語などの使い間違えには注意しましょう。2月は季節的に「冬」とされる最後の月です。中旬~下旬においては春を意識した挨拶に代えてもよいでしょう。

・厳寒の候
・晩寒の候
・立春の候
・春寒の候
・立春とは名ばかりの寒さですが
・向春の候
・向春のみぎり
・梅のつぼみもまだ堅いようですが
・長い冬もいよいよ終りに近づいてきましたが
・余寒なお去りがたきおりから

など


時候の挨拶一覧

春の時候の挨拶例文
春にあたるのは3月~5月くらいまでがその範囲にあるといえます。
3月 / 4月 / 5月

夏の時候の挨拶例文
夏にあたるのは6月~8月くらいまでがその範囲にあるといえます。
6月 / 7月 / 8月
秋の時候の挨拶例文
秋にあたるのは9月~11月くらいまでがその範囲にあるといえます。
9月 / 10月 / 11月
冬の時候の挨拶例文
冬にあたるのは12月~2月くらいまでがその範囲にあるといえます。
12月 / 1月 / 2月

 

 

関連記事

2月の時候の挨拶の関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク