文書における尊敬語と謙譲語

このエントリーをはてなブックマークに追加

尊敬語とは相手を敬う言葉で、謙譲語は自分を低く見せることにより相手を立てるための言葉です。あまり意識はしないかもしれませんが、文書においても尊敬語や謙譲語というものは存在しています。しっかりと理解していないと、文書で相手を怒らせることになるかもしれません。

ビジネス文書における尊敬語や謙譲語についてもしっかりと理解していきましょう。

スポンサーリンク

文書における尊敬語と謙譲語の例

自分のこと
尊敬語:貴殿
謙譲語:小生 私

会社のこと
尊敬語:貴社 貴会社 御社
謙譲語:当社 弊社 小社

手紙・文書
尊敬語:貴書 ご書面 お手紙
謙譲語:一筆 書面 手紙

意見
尊敬語:ご意見 ご高見 貴意
謙譲語:私意 私見 愚見 所見

訪問
尊敬語:ご訪問 ご来社 お越し
謙譲語:お伺い 参上 お訪ね

父・母・両親
尊敬語:ご両親 お父上 お母上
謙譲語:両親 父 母 愚父 愚母

 

 

関連記事

文書における尊敬語と謙譲語の関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク