ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


頭語と結語

このエントリーをはてなブックマークに追加

頭語と結語についての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

頭語と結語は文書における組み合わせで、文頭における挨拶の前につけるのが「頭語」で文末における結びで用いるのが「結語」と呼ばれるものです。利用シーンや急ぎの場合、返信の場合などで用いる頭語と結語は異なりますので、しっかりと理解しましょう。

例えば、頭語と結語の役割は、前文と本文、末文を挟むための言葉で例えば、以下のように使われます。

頭語(拝啓)
前文(晩秋の頃、いかがお過ごしでしょうか。)
本文(さて、先日お話させていただいた○○の件についてですが…。)
末文(それでは、くれぐれもご自愛ください)
結語(敬具)

スポンサーリンク

頭語と結語の文例

一般的な頭語と結語
頭語:拝啓 啓上 拝呈
結語:敬具 拝具 敬白

改まった場合・目上の人に使う頭語と結語
頭語:謹啓 粛啓 謹呈
結語:謹白 敬白 謹言

急ぎの場合に使う頭語と結語
頭語:急啓 急白
結語:草々 不一

返信の場合に使う頭語と結語
頭語:拝復 謹復
結語:敬具 敬白 敬答 拝答

前文を省略する場合に使う頭語と結語
頭語:前略 略啓
結語:草々 不一
※なお、前文を省略する頭語・結語を用いる場合は「時候の挨拶」をつけません。これを省くための前略ですので、つけるとおかしなことになります。

 

 

関連記事

頭語と結語の関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク