ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


挨拶の慣用句

このエントリーをはてなブックマークに追加

挨拶の慣用句についての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

挨拶の慣用句とは、手紙において時候の挨拶に対して続けてかかれるあいさつ文のことで、一般的にはほぼ定型文が利用されます。安否の挨拶ともよばれ、基本的には相手が元気・上手くいっていることに対してのお祝いの言葉を持ってそれに代えます。

スポンサーリンク

挨拶の慣用句の例文・文例

挨拶の慣用句については一般的に以下のような例文があります。組み合わせは比較的自由ですのでシーンや目的に合わせて活用しましょう。

・貴社にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
・御社にはいよいよご清祥のことと大慶に存じ上げます。
・貴下にはますますご隆盛の由なによりと存じます。
・各位にはいよいよご繁栄の段心からお祝い申し上げます。
・皆々様にはますますご活躍のことと心からお慶び申し上げます。
・貴職にはいよいよご多忙のこととご拝察申し上げます。

など

 

 

関連記事

挨拶の慣用句の関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク