ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


盗難責任をとる進退伺い

このエントリーをはてなブックマークに追加

盗難責任をとる進退伺いについての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

自分の管理不行き届きなどによる盗難などが起きて重大な被害が会社に生じた場合の進退伺いの文例です。会社に対するお詫びの言葉と自分が職を持って責任をとる姿勢をしめします。すでに辞意を固めている場合は、辞職願を一緒に提出してもかまいません。

スポンサーリンク

盗難責任をとる進退伺いの文例

平成○年×月□日

代表取締役社長 ○○殿

営業部営業課
山田 太郎 印

進退伺い

 平成○年×月、福島支店において発生しました盗難事故は、私の管理不行き届きによるものでございました。このため、会社に重大な損害をもたらしましたこと、まことに申し訳なく深くお詫び申し上げます。このたびの不始末はすべて私の失態によるものであり、その責任は免れません。なにぶんのご決済をいただきたく、ご支持をお待ち申し上げます。

以上

 

 

関連記事

盗難責任をとる進退伺いの関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク