ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


誤字・脱字のチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

誤字・脱字のチェックについての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

ビジネス文書では、必要事項を全て書いたと思っても、それに間違いがあれば目的が果たせないことがある他、場合によっては大きなトラブルへと発展する恐れもあります。文章の作成が完了した後も、最低でも1回以上は見直しを行いましょう。

絶対に間違えてはいけない項目
注文書等であれば、金額や個数などは最低限チェックします。また、計算が入っている場合はその計算自身に間違いがないかもチェックしましょう。さらに、送り先の会社名や役職名、お名前などは間違えがないように厳しくチェックします。


なお、誤字や脱字のチェックとして有効な手段としては、以下のような方法があります。

他人にチェックしてもらう
自分で書いた文章は自分で内容を知っていますので、つい読み飛ばしてみてしまうものです。ですから、自分が書いた文書を他人にチェックしてもらうと間違えを見つけてもらいやすいものです。

一日後に再度チェックする
第三者に見せることができない場合や、提出までに余裕があるときは、見直しを一晩明けてから行うと効果的です。書いたすぐのチェックでは見つけられないミスも見つけやすくなります。また、書いた文書が頭の中で熟成されているので、もっとすばらしい文章がかけるかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

関連記事

誤字・脱字のチェックの関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク