ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


6W2Hで用件を明確にする

このエントリーをはてなブックマークに追加

6W2Hで用件を明確にするについての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

ビジネス文書においては、用件の伝達が最大の目的となります。そのために、6W2Hを常に心がけて、用件を明確にそして具体的に記述することが重要になります。

When(いつ)
Where(どこで)
Who(だれが)
What(何を)
Whom(誰に)
Why(なんのために)
How(どのように)
How Much(いくらで)

以上が、6W2Hと呼ばれるものです。いつ、どこで、だれが、何を、誰に、何のために、どのように、いくらで行うのか?ということを明瞭かつ具体的に書いていく必要があります。
これらが明確でないと書かれている内容がぼんやりとしてしまい、何が言いたいのかが分かりにくくなります。

特に、ビジネス文書のように「相手に用件を伝える」ということが第一の目的となる文章を書く場合にはこうした6W2Hをしっかりと抑えた文章を書くようにすると伝わりやすいです。

スポンサーリンク

 

 

関連記事

6W2Hで用件を明確にするの関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク