最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


スケールメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

スケールメリットについての説明です。

スケールメリット(Scale Merit)とは、規模の経済(規模の利益)のこと。事業規模が拡大することにより販売する商品やサービスの限界費用が小さくなることを意味する。限界費用が小さくなる事で、最終的な製品原価、平均費用が減少することになるため利益率が高まる。

一般的には、資本集約的な産業においては大規模な工場などの固定費は必要になるが、その後必要な費用は製品原材料と人件費(ロボットの導入などにより減らせる)となるため、生産量を拡大することが最終的な利益増とつながる。

逆にスケールメリット(規模の経済)が働きにくい財・サービスは手作りのブランド製品、そもそも希少性が価格維持に貢献している商品(価格弾力性が高い商品)、その他、労働集約的な産業などが挙げられる

 

スポンサーリンク

 

関連記事

スケールメリットの関連記事です。こちらもどうぞ。