最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


CEO(最高経営責任者)

このエントリーをはてなブックマークに追加

CEO(最高経営責任者)についての説明です。

CEO(最高経営責任者)とは、アメリカ系の企業で多く用いられている企業内の肩書きの一つです。Chief Executive Officerの略で、経営実務に関しての責任および権限を持つ担当者を意味します。なお、CEOは企業の実務上のトップとされます。

CEOはよく「社長」と混同される場合がありますが、社長という日本企業に見られる肩書きの場合、社長が経営についての実権を持たず、実は会長が握っていた、なんてことも見られますが、CEOの場合は、最高経営責任者という企業経営における「責任者」を意味しています。
そのため、最近では日本企業でもこうしたCEOといった肩書きを設ける企業も増えています。
例えば、「代表取締役社長兼CEO」といった具合です。

なお、日本では、法的に定められている役職は株式会社の場合、「取締役」「代表取締役」「監査役」をおくことと定められており、社長や会長といった役職は無くても構いません。

また、CEO(最高経営責任者)と同じように、COO(最高執行責任者)、CFO(最高財務責任者)などがおかれることもあります。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

CEO(最高経営責任者)の関連記事です。こちらもどうぞ。