最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


ストックオプション

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストックオプションについての説明です。

ストックオプションとは、株式会社において自社の役員や職員に対して、一定の期間が経過した後に、一定数量の自社の株式をあらかじめ定めた株価で購入することができる権利のことを指します。会社の業績があがり、株価があがることで、ストックオプションを付与された役職員は利益がでるため、成果報酬型のボーナスとして日本企業でも活用がされています。
ちなみに、日本では1997年に商法改正により解禁されました。上場企業はもちろん、一部のベンチャー企業でも将来の上場を前提として従業員に報酬代わりにストックオプションを付与するところもあります。

ストックオプションは、従業員や役員にとっては、自社の株価が上昇したときに権利を行使することで、行使価格と現在の株価の差の利益を得ることができます。
例えば、1万株分、行使価格1,000円のストックオプションを付与されたとして、一定期間後の行使可能となった日の株価が1,500円だった場合、権利を行使して株式を取得し市場で売却することにより、500×1万株=500万円の利益を得ることができます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

ストックオプションの関連記事です。こちらもどうぞ。