最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


130万円の壁

このエントリーをはてなブックマークに追加

130万円の壁についての説明です。

130万円の壁とは、一般に社会保険における扶養を超える金額を指し、パート従業員などにおいて収入の逆転現象が発生する金額を意味する。130万円を超えると社会保険の扶養から外れることとなり、サラリーマンの妻などは新規の健康保険料と年金保険料の支払い義務が生じる。

国民年金の第3号被保険者から第1号被保険者へと変わることで、年金保険料の支払いが義務付けられうこととなる。これによって保険料分の年収マイナス効果が生じてこの壁を超えることで手取り金額の逆転が発生する。

ただし、年収が130万円未満であっても勤務先が社会保険に加入しており、3/4ルールを満たす場合には社会保険への加入が必要となる。(また、2016年10月以降は一部の条件を満たした企業では社会保険への加入条件が拡大される)

130万円の壁おすすめコンテンツ

パート・主婦の103万円の壁と130万円の壁

 

スポンサーリンク

 

関連記事

130万円の壁の関連記事です。こちらもどうぞ。