最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


バイオメトリクス

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオメトリクスについての説明です。

バイオメトリクス(Biometrics)とは、生体認証とも呼ばれるもので、個人認証技術の一つ従来の鍵や暗証番号などに代わり、人間の身体的な特徴(指紋や瞳の虹彩など)をもちいておこなうもの。こうした、生体認証は、個々人の指紋などはオリジナルのものであり、同じ特徴を持つ人がいないため、強固かつ忘れにくいものとして期待されている。

現在でも、一部の銀行のATMでは指紋認証や手のひら認証などのバイオメトリクスが導入されている。このほか、個人認証としてのノートPCのロック解除、自宅の鍵開錠などにも使われることがある。
バイオメトリクスの問題点としては、年数による経年変化、その場所を怪我したり先天的に欠損している人に対する代替措置の有無、指紋などが複製(コピー)された場合のリスクなどがある。

なおバイオメトリクスとして利用されるものとしては以下のものなどが代表的である。
・指紋
・瞳の虹彩
・手のひら(静脈)
・顔
・音声
・DNA
など。それぞれ一長一短が存在する。例えば、指紋は非常に手軽ではあるが昔から存在する手法のため、それを欺くシステムも多く存在する。このほか手のひら静脈は非常に高いセキュリティ性があるが、システム導入費用が高い。DNAはバイオメトリクスとして最も強固で複製しにくいが、検査に時間がかかることや一卵性双生児の場合はスルーしてしまうなどがある。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

バイオメトリクスの関連記事です。こちらもどうぞ。