標準報酬月額

標準報酬月額(ひょうじゅんほうしゅうげつがく)とは、社会保険(厚生年金や健康保険)の保険料を決めたり年金の受取額を決める時の計算のもとになる収入(月収)のことを指す。報酬そのものではなく、○万円~×万円という一定の範囲で区切られた金額となっている。



ブラックバイト

ブラックバイトとは、社員から搾取したり労働基準法等の法律を守らないブラック企業のアルバイト版。大学生などに違法な労働をさせるアルバイトのことをさす。中京大学の大内裕和教授が2013年に提唱した。試験期間中も休ませない、過大なノルマを課す、長時間労働などが代表的。



ビッグデータ

ビッグデータ(Big Data)とは、大容量のデータのこと。インターネットやデータ端末、ソーシャルメディアの普及などに伴って、様々なデータが日々蓄積されており、膨大な量に達している。これらのデータ量はすさまじい量となっている。



法的整理

法的整理(ほうてきせいり)とは、倒産のやり方の一つ。法的整理の対義語は私的整理となる。なお、法的整理はその方法により「破産」「会社更生」「民事再生」などの種類があり、それぞれで内容が異なる。各種倒産の手続きは基本的には債務者(倒産するもの)自身が行うことが多いが、債券者からの申し立ても可能である。



ベンチャー企業

ベンチャー企業(Venture Corporation)とは、新技術や高度な知識、斬新なアイデアなどにより大企業が行わないような創造的・革新的・独創的な経営を行う中小企業のこと。最近では、中小の若い企業であればベンチャーと呼ぶ傾向が強いが本質的には経営の向かう方向性の違いがある。



ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタル(Venture Capital)とは、ベンチャー企業に対して投資をおこなう投資会社のこと。略してVCとも表記されることがある。ベンチャー企業に資金を投資し、場合によっては経営コンサルティングなども行い、投資大正期魚の企業価値を高める。



ビジネスモデル特許

ビジネスモデル特許(Business Method Patent)とは、ビジネスモデルの仕組みを特許としたもの。ビジネスにおいて儲ける仕組み自体を特許(パテント)としたもの。従来、こうした仕事の方法ということ自体が特許とはなりえないとされたが、特に独創的かつ便利、形があるというものであれば認められるようになった。



パテント

パテント(Patent)とは、特許または、特許権の事を指す。 詳細は→「特許」の項目を参照。



ビジネスモデル

ビジネスモデル(Business Model)とは、企業における事業のしくみのこと。その企業が行う収益化のモデルを指すことが多い。簡単に説明すると「どうやって儲けるかのしくみ」を指す。なお、こうした仕組みの中でも特に独創的な場合には「ビジネスモデル特許」として知的財産とすることもできる。



標準化

標準化(ひょうじゅんか:standardization)とは、工業製品やシステムなどを利便性などを目的として様々な項目を統一したり単純化、ルール作りをすること。複雑化を防止することを指す。代表的なものがISO(International Standard Organization)やJIS(Japan Industrial Standard)規格などがある。



バイオメトリクス

バイオメトリクス(Biometrics)とは、生体認証とも呼ばれるもので、個人認証技術の一つ従来の鍵や暗証番号などに代わり、人間の身体的な特徴(指紋や瞳の虹彩など)をもちいておこなうもの。こうした、生体認証は、個々人の指紋などはオリジナルのものであり、同じ特徴を持つ人がいないため、強固かつ忘れにくいものとして期待されている。



フィリップス曲線

フィリップス曲線(Phillips Curve)とは、イギリスの経済学者フィリップスが論文の中で発表した曲線。失業率とインフレ率の関係を示したもの。横軸にはインフレ率、縦軸には失業率をとったとき、両者の関係は右下がりの曲線となることを示したもの。



B2C

B2Cとは、企業(Business)と消費者(Consumer)間における電子商取引ビジネスの事を指す。なお、本来であればBtoCとなるべきだが、「to」と「two」の発音が同じであることから、タイピングのしやすさから、チャットなどで「to」を「2」と表現することが多い。なお、企業間取引の場合B2Bとなる。



ポータルサイト

ポータルサイト(Portal Site)とは、インターネットにおけるウェブサイトの中でも、玄関(ポータル)となる大規模サイトのことを指す。一般的には、検索エンジンやリンク集などをさすことが多い。例えば、Yahoo!Japanなどはポータルサイトの代表格といえる。



B2B

B2Bとは、一般に電子書取引において企業(Business)と企業(Business)でおこなわれる取引のこと。企業(Business)と消費者(Consumer)でおこなわれる取引とB2C、消費者と消費者の取引をC2Cと呼ぶ。中でもB2Bは、取引金額の大きさから電子商取引においてほとんどの分野を占めているとされる。



ファイナンシャルリテラシー

ファイナンシャルリテラシー(Financial literacy)とは、直接翻訳すると「金融に関する読み書き能力」となります。つまり、預貯金や投資、借金など金融取引などに関する総合的な知識のことを指す。具体的な投資に関する知識というよりも、金利(利回り)の概念の理解や投資全般に関する点を指す場合がほとんどです。



ブレインストーミング

ブレインストーミング (Brainstorming) とは、オズボーン考案の会議手法。会議参加者がそれぞれのアイデアを出し合うことによりそれぞれの連鎖反応や新発想の誘発を図ろうとする技法・会議方法のこと。人数は多すぎず、少なすぎずが重要で、最低でも5人程度、最大でも10人程度がよいとされる。



ブレスト

ブレストとは、ブレインストーミング(Brainstorming)の略称。オズボーン氏により考案された会議のやり方で、集団発想法などとも呼ばれる。集団がそれぞれアイデアを出し合う形でおこなわれ、それぞれの連鎖を高める方法のこと。



ホワイトカラーエグゼンプション

ホワイトカラーエグゼンプション(White collar exemption)とは、一般に事務方をあらわすホワイトカラー労働者に対する労働時間規制を適用免除する制度の事を指す。制度としては「時間」という単位で成果を評価すべきでない労働者の勤務時間を自由にして、能力を最大限に活用するという主旨。



プライオリティ

プライオリティ(Priority)とは、優先度の意味。ビジネス用語としては、プライオリティの高い順に業務をこなす、などのように使われる。また、プライオリティーがあるなどのように、名詞的に使われる場合には優先権という意味で使われることもある。



バズマーケティング

バズマーケティング(Buzz Marketing)とは、いわゆるクチコミを利用するマーケティングのこと。中でも情報の発信者に特定の情報を流してもらうことにより、その周辺にいる多くの人がその情報により購買にいたるといった流れなどがある。



パレートの法則

パレートの法則とは、経済において全体の数値の大部分はその一部が生み出しているという説。80:20の法則とも言われる。自然界に多く見られる現象で、イギリスの経済学者ヴィルフレド・パレートにより主張された。



パレート最適

パレート最適(ぱれーとさいてき)とは、ミクロ経済学における資源配分に関する概念。パレート効率性とも呼ばれる。ヴィルフレド・パレートにより提唱された。資源配分を行う際に、誰かの効用(満足)を犠牲しなければ、もう一方の効用を上げられない状態を指す。



PDCAサイクル

PDCAサイクル(ピーディーシーエーさいくる)とは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(調査)、Action(改善)の事業活動における生産管理や、ビジネスにおける事業計画の推進などにおいての業務改善の基本となるもの。



不渡り

不渡り(ふわたり)とは、手形や小切手などを支払期日を過ぎたにもかかわらず、債務者(手形の振出人)から債権者へ額面金額が引き渡されずに決済することができないことを指します。ちなみに、不渡りはその種類により大きく「0号不渡り」「1号不渡り」「2号不渡り」があります。



PFI

PFI(Private Finance Initiative)とは、民間資本や経営などを活用して社会的な資本を整備する事業のことを指します。従来のように、公共施設が必要な場合、官が直接施設を整備するのではなく、民間に設備と公共サービスの提供をゆだねる手法のことを指します。



プライマリーバランス

プライマリーバランスとは、国家における財政状況を示す用語で、公債(国債等)の収入を除いた歳入から一般歳出を差し引いた財政収支のことをさします。よく「プライマリーバランスの黒字化を目標とする」などというように用いられます。



表面税率

表面税率(ひょうめんぜいりつ)とは、主に法人に対する税金の税率についての用語。表面税率は、企業に対して課されている所得課税である「法人税」「法人事業税」「法人住民税」の三つのそれぞれの税率を足したものとなる。



バブル景気

バブル景気とは1986年12月~1991年2月までの景気拡大局面を指す言葉です。株式や不動産などの資産価値のバブル現象を引き起こした景気とも言われおり、その後の失われた10年と呼ばれる超長期の不況の原因ともなりました。



スポンサーリンク