最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


メインバンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

メインバンクについての説明です。

メインバンク(Main Bank)とは、当該企業の主力取引銀行のこと。企業が取引する金融機関を絞り、密接な関係を築くという慣習を指す。日本企業の多くはこのメインバンク制を採用することが多かった。直接金融が脆弱だった時代にはこのメインバンク制はモニタリング機能を通じての企業経営効率化に対して高い意味を持っていた。

企業がある銀行(金融機関)と密接につながる事で、銀行側には経営情報の提供を行い、それに伴う経営指導を受けrなどの関係強化を図り、融資などを通じた資金供給の安定化に資した。
また、企業経営が悪化すると、役員の派遣などを行い再建を図ったり、融資やシンジゲートローンを通じた資金確保などにも貢献した。

一方で企業側は証券市場の自由化に伴い、直接金融市場からの資金調達が可能になったこと(増資社債の発行など)、銀行側からは、バブル崩壊後における株式の持合リスクの顕在化による持ち株の売却などを通じて、こうしたメインバンク制はバブル期前と比較して希薄化している。

ただし、直接金融市場を利用できない中小企業などにとってはいまだにメインバンク制を堅持している。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

メインバンクの関連記事です。こちらもどうぞ。