最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


カルテル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カルテルについての説明です。

カルテル(Kartell)とは、企業や事業者の間で商品や製品の生産数量や価格、販売する地域(販路)などを協定する事で価格の維持や販売チャネルの寡占・独占を狙うもの。「談合」についてもカルテルの一種であるとされる。ちなみに、カルテルとはドイツ語である。

カルテルの代表的な方法として

価格カルテル
販売価格を協定により決定して、不当な利益をあげる形態のこと。カルテルの中でも最も有効に作用するとされており、その分違法性も高い。

数量制限カルテル
販売数量、供給量を制限することにより需要量に対して供給量を増やす事で価格吊り上げを狙う行為のこと。需要の価格弾力性が低い業界で起こりやすい。

販路カルテル
販売チャネルや地域などをカルテルを結んだ企業同士が取り決めるもの。余計な競争をしないことで価格の維持を狙う方法。

日本の独占禁止法では、こうしたカルテルは不当な取引制限として禁止している。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

カルテルの関連記事です。こちらもどうぞ。