最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


デファクトスタンダード

このエントリーをはてなブックマークに追加

デファクトスタンダードについての説明です。

デファクトスタンダード(de facto standard)とは、事実上の標準とされるもの。JIS規格、ISOなどにより明確に標準化されたものではないが市場での利用や認知などが事実上標準化されているものを指す。ちなみに「de facto」はラテン語が英語になったのがそのまま残ったもの。日本語の発音上「ディファクトスタンダード」と呼ぶこともある。

代表的なデファクトスタンダードとなっている例としては「TCP/IP(インターネット通信規格)」、「イーサネット(LANの接続方式)」、「VHS(家庭用ビデオテープ規格)」などがある。
こうしたディファクトスタンダードはその覇権を握る事で、非常に大きなメリットを得ることができる。

一方で、こうしたデファクトスタンダードな分野においては、必ずしも高い技術力を持つことが標準化につながるわけではないという点も示している。
例えば家庭用のビデオ規格においては「VHSとベータ」がそれぞれ覇権争いをしていた。性能面で言えばベータが勝っていたとされるが、プロモーション・販売チャネルなどの面でベータが弱く最終的にはVHSがデファクトスタンダードとなった。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

デファクトスタンダードの関連記事です。こちらもどうぞ。