最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


フィリップス曲線

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリップス曲線についての説明です。

フィリップス曲線(Phillips Curve)とは、イギリスの経済学者フィリップスが論文の中で発表した曲線。失業率とインフレ率の関係を示したもの。横軸にはインフレ率、縦軸には失業率をとったとき、両者の関係は右下がりの曲線となることを示したもの。

なお、フィリップス曲線が発表された論文無いでは、横軸には「賃金上昇率」がとられていたが、その後「インフレ率」に置き換えられている。
このフィリップス曲線により明らかになることは、インフレ率が高くなるということは失業率が低下し、逆にインフレ率が低くなってしまうと失業率が増大するというトレードオフの関係にあることを示している。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

フィリップス曲線の関連記事です。こちらもどうぞ。