最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


アイドマの法則

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドマの法則についての説明です。

アイドマの法則とは、AIDMA、つまりAttention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲望)、Memory(記憶)、Action(行動)というそれぞれの頭文字をつなげたもので、消費者の消費行動のプロセスを示したもの。

アイドマの法則では、消費者が商品の購買にいたるプロセスとして、まず商品やサービスに対しての存在を知ってもらうことが第1で、その後その商品に興味関心を持ってもらい、必要性を認識してもらう。その上でその商品を覚えておいてもらい、最終的なアクション(購買)にいたるというプロセスをとったもの。

このように、消費者の行動を分解して考える事で、新商品を開発して販売したい場合、おこなうマーケティングやプロモーション(広告など)をどの段階の層にアピールするのかを考えることができる。
例えば、こんな商品が誕生しました!とインパクトたっぷりにテレビCMを使うのはAttention戦略部分に当たるだろう。

また、アイドマの法則と同じように、インターネットにおけるこうした消費者行動として「アイサスの法則」というものがある。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

アイドマの法則の関連記事です。こちらもどうぞ。