最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


社外取締役

このエントリーをはてなブックマークに追加

社外取締役についての説明です。

社外取締役(しゃがいとりしまりやく)とは、会社の経営監督機能(コーポレートガバナンス)を強化するため、経営陣と利害関係の無い社外の人物が取締役に選任されることを言います。

会社における取締役(代表取締役)は会社を代表して業務を行いますが、社内における統治が内部の人間ばかりで構成されていると硬直的になったり、場合によっては株主の利益と相反する行為が行われることがあります。
こうした点に対応するために、会社の取締役のうち一定の人数を会社やその他取締役との利害関係がない社外の人間を取締役とすることで、会社統治をより公正なものにするという目的です。

もともとは欧米企業に多い仕組みでしたが、近年では日本企業での社外取締役のしくみをりようする企業が増加傾向にあります。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

社外取締役の関連記事です。こちらもどうぞ。