最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


株主代表訴訟

このエントリーをはてなブックマークに追加

株主代表訴訟についての説明です。

株主代表訴訟(かぶぬしだいひょうそしょう)とは、株式会社のオーナーである株主が会社の経営者である取締役(社長等)の経営責任を、株主が会社に代わっておこなう訴訟のことをさします。株主代表訴訟は法的に規定化されており、株主は取締役に対して損害賠償を求めることができます。

取締役個人や取締役会全体が法律等に違反することで会社に対して損害を与える場合があります。このような違法行為により会社が受けた損害は、会社のオーナー(受益者)である株主の利害にも大きく影響することになります。そのため、株主は会社の取締役が脱法行為により会社に損害を与えた場合には、その損害を賠償するように訴訟を行うことができます。これが株主代表訴訟です。

株主代表訴訟が行われる場合、原告は株主、被告は取締役となりますが、取締役の損害賠償の取り方は、原告である株主に対して支払われるものではなく、会社に対して支払われることになります。(間接的に原告である株主に支払われることになります。)

 

スポンサーリンク

 

関連記事

株主代表訴訟の関連記事です。こちらもどうぞ。