最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


単位株

このエントリーをはてなブックマークに追加

単位株についての説明です。

単位株(たんいかぶ)とは、証券市場における株式の売買単位のことで、2001年まで利用されてきましたが、同年より新しい単元株という制度が利用されています。株式の額面に応じて取引単位が定められるというもので、1981年より利用されてきました。

この単位株制度というものは、発行される企業の株式の「額面」に応じて決められたものであり額面50円の場合1000株単位、額面500円の場合は100株単位、額面5,000円の場合は10株単位、額面5万円の場合は1株単位で売買がされるというものでした。
ただし、商法改正により株式の額面が「無額面」となったことから、株式の売買単位は、株式会社側が自由に決められる単元株制度に移行することになりました。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

単位株の関連記事です。こちらもどうぞ。