最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


単元株

このエントリーをはてなブックマークに追加

単元株についての説明です。

単元株(たんげんかぶ)とは、企業が定める株式の売買単位のことです。この制度のことを単元株制度と呼びます。従来の単位株制度に変わる制度として2001年より導入されています。証券市場において株式を売買する場合は、1株単位ではなく、1000株や100株といったある程度きまった数量を1単位として売買しますが、このきまった数量を単元株と呼びます。

こうした株式の売買ルールについては、従来は単位株制度という制度が利用されてきました。新しい単元株制度は、株式会社が定める一定の数量を1単元とするものです。(従来の単位株は額面によって決められていた)
こうした「単元」という考え方は、株主総会においての議決権の単位ともされています。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

単元株の関連記事です。こちらもどうぞ。