最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


納税者番号制度

このエントリーをはてなブックマークに追加

納税者番号制度についての説明です。

納税者番号制度(のうぜいしゃばんごうせいど)とは、全国民に一定の番号を割り振り、個人の所得や資産などの状況を課税当局が正確に把握するのをサポートする制度のこと。個人の所得だけでなく、資産状況や運用方法によっては消費に対しても正確に補足でき、脱税や課税漏れなどがチェックできるとされています。

納税者番号制度においては、銀行の口座開設や給与の受け取りなどに対して、予め振られている納税者番号を通知させることで、個人の所得や収入を低コストで名寄せすることができるようになり、脱税などの防止に繋がるとされています。
例えば、銀行預金をすると、銀行はその預金者の番号及び預金情報を税務署等の課税当局に通知することで、課税当局が個人の資産や利子所得などを正確に把握することができます。また、所得についても番号の通知を義務付ければ所得についても正確に補足可能となります。
また、納税者番号制度が導入されれば社会保障などとも密接に運用することができるという期待もあります。

現実には、導入が何度も議論されていますが、2009年現在導入されておらず、プライバシーの問題なども絡んでくることから導入には慎重な意見も多く見られますが、今後前向きな検討がされ導入される可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

納税者番号制度の関連記事です。こちらもどうぞ。