最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


ジニ係数

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジニ係数についての説明です。

ジニ係数(じにけいすう)とは、国家内における所得水準の格差を示す指標です。結果が「1」に近いほど格差が進行しているとされ、「0」に近いほど平等な状態であることを示します。日本においては、80年代から緩やかな上昇傾向にありますが、格差社会が社会問題となったここ数年間において極端な上昇傾向は見られません。

字に係数は所得が完全分配されている状態(すべての国民が全く同一の所得を得ている状態)と比べてどれだけ分配に偏りがあるのかをしめす指標です。世界的にも広く利用されている指標の一つです。一般的には0.2~0.4程度が一般的な範囲とされており、0.5を超える場合は非常に大きな貧富の差があるとされており政府による是正が必要であるとされています。

なお、OECDの統計による、先進国におけるジニ係数は2000年時点で以下の通りです。
日本:0.314
アメリカ:0.357
イタリア:0.347
イギリス:0.326
スウェーデン:0.243

上記からも自由主義的な国においては比較的ジニ係数は高い傾向が見られ福祉社会的な国家は国家による所得の再分配が強いことからジニ係数も低くなる傾向があるといえます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

ジニ係数の関連記事です。こちらもどうぞ。